日本とアメリカでは、英語の学習方法に違いがあるようです。日本では、学校を卒業した後に英語を勉強しようと思ったら、書店などにある英語教材を購入して勉強するのが主流だと思います。人によっては英会話スクールに通うこともあるでしょう。


一方、アメリカに留学した場合は、同級生の移民や英語の教授たちから勉強方法を教えてもらうことができるのですが、これが日本と少々異なるのです。その勉強方法を知ったら、日本の英語学習について疑問を抱くことになるかもしれません。なぜなら、アメリカでの勉強方法を実行すると、より英語力が上がる可能性が高いからです。


日本の書店にある英語の関連書籍は、TOEICTOEFLなどの試験対策用がめいんになっており、試験対策の勉強こそが、英語を身に付ける最良の方法であると考えてしまう人が多いそうです。その結果、英単語・熟語をひたすら暗記すること勉強や、とにかく英会話のCD を聞くことが正しいという考え方が浸透してしまったのです。


それに対し、アメリカでは英単語・熟語を丸暗記するような指導が行われることはほとんどないそうです。アメリカでメジャーな英語の上達法は、日本とは全く違います。どのようなものかというと、英語のネイティブスピーカーの日常生活をなぞり、同じような生活をして英語力を上げるというものです。うまくイメージできないかもしれませんが、簡単にいうと新聞などの発行物を多読して読解力をつけるという意味です。