ネイティブスピーカーに教われば、必ず英語が上達すると考えている人は多いのではないでしょうか。しかし、必ずしもそうとは言えません。ネイティブスピーカーが教える英会話スクールに通うことは、ある意味では英語が上達するといえます。「ある意味で」とは、英語を教える技術を学んだネイティブスピーカーに教われば、ということです。言い換えると、英語を話せるだけでなく教える技術がない人に教わってもあまり英語が上達しません。


たとえば、あなたが外国人に日本語を教えることになったとしたらどうでしょうか。あなたは、日本語のネイティブスピーカーです。まずは、簡単な日本語の挨拶から教えるでしょう。「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」など、簡単なフレーズであれば、外国人でも覚えやすいでしょう。しかし、フレーズだけ覚えていても、うまく伝わらない可能性があります。つまり、発音も大切だということです。


そして、最初に覚えた発音が間違っていると、その後ずっと間違った発音を使い続けることになるかもしれません。さて、こうなった場合、あなたはその外国人に正しい発音の方法を教えることができるでしょうか?どのような呼吸法で発声し、どのように唇と舌を動かせば良いのか教えられるでしょうか?相手に言語を教えるということは、これらを相手に伝わるように言葉で説明できなければならないということです。ネイティブスピーカーとの英会話で必ず英語が上達するわけではないというのはこういうことです。