現在、日本には数多くの英語の教材や、英会話スクールなどが存在し、派手な宣伝文句が載っているも多いです。たとえば「短期間で英語をマスターできる」「手軽に、簡単に英語力がアップする」「1カ月でTOEIC200点アップ」など。
このような宣伝文句を目にしたことがある人が多いと思います。また、このような教材を実際に購入したり、英会話スクールに通ったことがあったりする人もいるかもしれません。


英会話スクールが打ち出しているものにありがちなのがネイティブスピーカーに教わることが、英語上達には必要ということです。英語がペラペラの日本人が登場し、その英会話スクールに通えば同じように話せるのではないかと思わされます。さらに、ネイティブの英語を聴くには現地に行くのがベストと宣伝し、数十万円から数百万もの費用がかかる海外留学を斡旋するサービスを行う企業もあるようです。


教材に関していうと、書店で買えるもののほかに、通信教育の教材もたくさんあります。通信教育の教材も同様に、この教材で勉強すればすぐに英語ができるようになるという煽り文句を打ち出しているものがたくさんあります。
これだけ色々な教材やスクールがあり、どれも簡単に英語が話せるようになると言っていますから、自分に適しているものはどれなのかが判断できないのではないかと思います。しかし、その前に一つ考えてください。これらの英語教材・スクールの宣伝が事実であれば英語が話せる人がもっと多いのではないでしょうか。