カタコト英語のあいだは、発音もカタカナ英語みたいな発音でもまだよかったかもしれない。「イット・イズ・ァ・ブック」式でもかまわない。でも、ペラペラ広なろうと思ったらそうはいかない。カタカナ英語の発音では、いつまでたってもカタコトしかしゃべれない。

たとえば、ワタシなんかわりと日本人の英語になれているからいいんだけれども、むとうから来たばかりの人なんかは、ぜんぜんわからないことだってある。

発音というのは、たとえばーとーのちがいとかいうことももちろんあるけれども、それだけではない。のばすと乙ろと縮めるととろとか、アクセントを置くととろとか、いろいろなとと
がからんでくる。

英語ののばすところと縮めるととろというのは、たとえば、ある音節の中の母音が同じであっても、強調する場合と、そうでない場合では、当然ちがう。つまり、そのコトパを正しく発
音するには、どこにアクセントを置けばいいのかを知る。そして、そのアクセントのある音節の母音をのばして発音すればいい。あとの母音は、みんな短くなっちゃう。