英語を勉強している人の中で音読をしている人はどれくらいいるでしょうか。何事にも共通することですが、英語を身につける上で基礎を固めることは非常に重要です。基礎ができていないのに複雑な文法や難解な知識を取り入れようとしても実際に使いこなすことは難しいでしょう。「音読」はこの基礎部分を身につける簡単で効果的な方法です。音読では目で見たことを口から音声で発するというように身体の多くの器官を使って英語を自分の身体に染み込ませます。いったん染み込んだその能力は自分のものとして応用が効くようになるでしょう。また音読をする際は書かれている内容を理解してから行うと良いでしょう。ただし、はじめから難解な文章を訳しその内容を理解して音読をすることは重要ではありません。ある調査では、英語での日常会話は専門用語を用いるようなものでなければおよそ1000語ほどで足りるとのことです。1000語とは中学までで習う語彙数にほぼ相当します。このレベルでも、音読をして運動記憶で身につけた人、そして自由に使いこなせる人はそう多くはいないでしょう。大半は中学までで習う単語なので、その内容を理解することができる(知的記憶になっている)でしょうが、実際には使えない(運動記憶になっていない)人ではないでしょうか。たった1000語でも運動記憶として身につけておけば日常会話ではそこまで苦労することがなくなるでしょう。またこれを音読で身につければ英語の基礎部分が出来たことにもなります。そうすれば、その後の英語の学習も今までよりも力がつき、どんどん英語力が高まっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です