英語を勉強する人の中には、どうしても仕事で使わなくてはいけないという人もいるでしょう。仕事でなくても留学をして、銀行などで手続きをする時には「日常会話と違う英語」に触れなくてはいけません。また、アドリブの力が大きく試される場面でもあるとも言えます。例えば「ビジネスに役立つ英会話」の本を丸暗記したとします。恐らく基本的な答え方はできると思いますが、相手は機械ではなく人間です。どんな会話をする必要があるのか100%予測するのは不可能です。

ビジネス英会話で必要なのは、「自分が必要なことをちゃんと伝えられるか」です。根っこは日常会話と同じなのです。ただ、ビジネスの場面ならではの単語はいくつも出てきます。プラスで、その単語を覚えておけばいいのです。また、自分の仕事に関わる単語をいくつも覚えておけば、問題ありません。それでも分からない場合は前項で述べたように、「言い換えの表現」を使って伝えたり、「諦めて日本語で言ってしまう」という方法を取ることができます。大事なのは、ビジネス英会話だから特別な勉強方法がある、堅苦しい表現に切り替えるという意識を持たないことです。もちろん違う言い回しも存在しますので、意識すること自体は間違いではないのですが、それで緊張したり、言いたいことも言えないようになってしまっては本末転倒です。ビジネス英会話だからと言って、無理に難しい単語や表現を使う必要はありません。短い英文でも、簡単な表現でも構いません。言いたいことをとにかく英語に直して、伝えようという気持ちが大事です。また、日本人にありがちなのですが、「恥をかいてしまう」というのも恐れないようにしましょう。特にビジネスの場面では、喋らない方が恥ずかしいと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です