穴埋めの音読をすると理解力が伸びるそうです。
Hello,my name is ( ). I’m from ( ).
というように、穴の中に入る言葉を考えて、文章を読んでいくというものだそうです。
これをやることで、自主的に考えることができるようになるそうです。

このような穴埋めを何度もしていると、文章を見なくてもできるようになってくるそうです。 何も見なくても文章が出てくるようになると、英会話の勉強も楽しくなるそうです。
また、第三者に伝える方法というのも必要になってくるかと思います。
英会話というのは、実はライティングをすることで上達するということがいわれているそうです。

穴埋めの英会話練習をするときは、自分の言っていることを紙に書くということをするのもいいそうです。
学校などで英会話の勉強をする場合は、動物のカードを生徒たちにそれぞれ手渡し、英会話の遊びをするといいそうです。
Are you a ?? Yes,I am/ no, I’m not.
そこで、うさぎのカードを持った人を探すなら、
Are you a rabbit? などと聞いて回るというものだそうです。
これで何枚うさぎカードを集められるか、または、枚数を決めてうさぎカード集めを達成できるまでやらせる、などをしていくと、子どもたちも他の子どもたちと英語でのコミュニケーションをするようになって、英語での対話をするのを怖がらなくなるということだそうです。
カードゲームで英語を話す雰囲気をつくると場も楽しくなるそうです。
じゃんけんをしたり、点数制にしたり、ゲームを取り入れることも大切なようです。
他人に、Are you a ??と言うだけでも最初は大変なことだと思います。
一言、言葉を発してみると後は簡単だったりするそうです。

あまり周りを気にせず、また相手の反応を先回りせずに臆せずやってみるとよいそうです。