英文を読むのに初めは正確さを求めなくていいそうです。

単語を覚えるというのは、最終的には、単語をそのまま理解できるようになることだそうです。単語をいちいち日本語に訳して覚えるのではなくて、triangleは三角、ではなくて、triangleは△でいいということだそうです。

flowerは花、といちいち考えることはあまりないかと思います。

何度も暗唱していればいずれ単語を理解するようになるそうです。

この英文を読むのにあまり難しいことが書いてあると理解もできませんし、うんざりしてしまうそうです。自分が分かるレベルの読み物を手に入れたらいいそうです。中学生の教科書なども売っているのでそれでいいそうです。そしてわからないところはどんどん読み飛ばしていいそうです。目を英文に慣れさせる意味もあるそうです。

日替わりで単語を覚えるのと文書を読む練習したらいいそうです。理解度を気にせずやるのがいいそうです。理解度よりもスピードが大切だそうです。

最初から理解しようとしても無理がありますし、とにかく何事も最初なんだから、それでいいと思っていた方がいいそうです。

文法の方は中学英語から高校英語まで必要だそうです。

英会話をするときに中学英語しか使わないとしても、ニュースを聞いたりネットを読んだりするのも高校の英語を使っているからだそうです。

また、高校の文法を勉強してものにしていれば、英語の資格試験にとても有効だそうです。

英会話の勉強をしているとtoeic や英検を受けたくなったりするかと思います。できれば高得点を狙ってみるのもいいかと思います。

わからなくても飛ばしていいそうですが、何度も読むということが前提のようです。

復習をして知識を定着させることが大切だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です