英会話学習の目標に掲げられるものとしては、「訳さずに内容を理解する」が有名でしょう。確かにネイティブの会話スピードに付いていくためには、和訳を繰り返すわけにはいきません。ではどのようにすれば、瞬時に意味を理解できるスキルが身に付くのでしょうか。例えばディクテーションという作業をこなせる人は、単語を聴き取ることは出来ています。しかしそれだけでは内容を把握できているとは限りません。そこで、ディクテーションで英語を書き取る際、単語の意味をイメージすることが推奨されます。語彙力の問題で単語の意味が分からない場合は、その都度辞書で調べるようにします。この作業を繰り返すことで、一々和訳しなくても内容を把握できるようになるのです。
 我々が日本語を話す時もそうであるように、相手の話した内容をなるべく早く把握するためには、重要ポイントを的確に捉えることが大切です。細部を聞き逃してしまっても、ポイントさえ分かれば、文脈を把握することは可能です。また、英語の語順に慣れることも必要です。英語の語順は日本語のそれと全く異なりますから、「私は→知っている→それを」といった具合に意味を捉える癖を付ければよいのです。
 さて、最近よく目にするようになった、「英会話料理教室」は、習得手段として有効なのでしょうか。語学だけでなく、料理のスキルも身に付けられることから、人気を博しているそうですが、メリットとデメリットをきちんと調べた上で利用される方が良いでしょう。英会話料理教室のメリットは、大別すると3つあります。一つは楽しく学べること、二つ目は料理を通じて英語圏の文化を知れること、三つ目は実用的なフレーズを習得できることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です