海外旅行に行く際の、入国審査は毎キンチョーする瞬間です。だいたい質問される事は分かっていても、手に汗握る瞬間として、海外旅行の中の一番のスリリングなワンシーンでもあります。以前、入国審査についてあまり深く考えていなかった私は、入国審査の係官からの「What’s your occupation?」=「お仕事は何をされているのですか?」という質問に、「I’m a mom.」=「お母さんです」と答えてしまった事があります。正確には、「I’m a housewife.」「I’m a homemaker.」などと英会話では表現されるようです。旅行に一緒に行った友人から、専業主婦は、「「I’m a housewife.」もしくは、「I’m a homemaker.」だよと聞かされた瞬間、自分の英会話力の乏しさに、ショックを覚えました。ですが反面、英会話とは、このような感覚でも通じる事があるのだ、なんとかいけそうだ大丈夫だと考えるようにもなりました。使い慣れない英語で、きちんと自分の考えや発言を伝えるには、もちろん英会話力として英単語のボキャブラリィも必要ですが、自分のスキルの無さに自信を無くして外国人との会話から遠ざかるよりは、自分の今もっている限りのボキャブラリーを屈指して、相手に伝えようとすればなんとかなるものなのだという自信が生まれました。皆さんは、どのような観点から海外旅行を楽しまれていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です