最近、お店を訪れてくれる、インバウンドの外国人観光客の皆さんとコミュニケーションを取りたいと考え、英会話教室に通うようになりましたが、接客業を行う際の英会話テクニックは、なかなか難しいものが感じられます。日本語が使い分けをするような「敬語」が英会話の中には、少ないからです。もちろん英会話の表現にも、フランク的な言い回しや、丁寧な話し言葉はあるようですが、きちんとした言い方を、自分自身にインプットしないと、スラング的な英会話を間違った場面で、口にしてしまうような事柄もあります。なるべく丁寧な英会話を身に付けたいと、難しい言い回しを練習しているのですが、そのような堅苦しい英語表現が、実際の接客の場面では、そぐわないケースもあるようで、言葉選びとは本当に難しいものですね。皆さんにも、職場で英会話を使用するようなシーンでのお悩みはありますか?日本語の「敬語」の使い方も難しいですが、英会話の丁寧な表現も簡単なものではないのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です