英会話本気で学ぶとしたら…、というようなキャッチコピーを数多くネット上でみかけますが、一言で「英会話」をいっても、大切なことは「英会話」を学んだのちに皆さんは何をしたいのかという「目的」が重要であることを多くの人が抜け落ちているのではないかと考えております。たとえば英会話を使ってビジネスチャンスを世界中に広げたい人と、英会話のスキルを使ってボランティア活動に参加したい人の学ぶべき英会話のポイントは若干ズレているのではないかと考えております。会話に大切なことはPTOであって、その場にふさわしい会話術を学ぶことが何よりも大切であるのではないかと思います。私たちも日本人として、学生時代に学ぶ日本語の会話と、社会に出てから社会人として学ぶ日本語が異なるように英会話を学ぶ時にも、単なる日常会話を身に付けたいというような感覚で英会話スクールに通うのであれば趣味の範囲で完結できるような格安のスクールで十分であるとか思っています。もし皆さんがなんとなく「英会話」を身に付けたいとお考えであれば、年会費を膨大に支払うような民間の英会話スクールに登録する必要はないのではないかと思います。ですがお金を生みだすようなビジネスに通じる英会話を学びたいのであれば、ビジネスにおける経験値の高い先生などをきちんと紹介してくれるようなスクールを選択するべきではないかと思われます。特にビジネス英会話においては、専門用語を多く用いる業界もあると思われますので、ご自身の目標に沿った先生選びが何よりも大切なのではないでしょうか。