英語学習によって子どもたちの将来は拓けるのでしょうか。日本人が海外に出ると必ずといって良いほど「ことば」の壁にぶつかる人が多いようです。海外の人とのコミュニケーションにおいて、会話下手な日本人はなかなか現地の人と打ち解けることができないといったような悩みを持つ人が多く、留学や学校や会社の研修などのせっかくの異文化交流の機会を「ことば」によって台無しにしてしまうようなことが発生しているようなのです。欧州の人びとは母国内でも英語学習が積極的でもあり、間違った英語の使い方をしていてもネイティブの人びとと直接会話の中で修正していけるような度胸のある人々が多いこともあり、日本人が抱えているような英語に関するネガティブな感情はほとんどないようです。日本人が英語を学ぶ時期の平均は、年々、低年齢化しているようですが、子どもの頃からネイティブの発音に慣れ親しんでいることで、英会話に「ことば」の壁を感じる圧力は減少するかもしれません。ですが子どもがノリで学ぶ英会話は、ほんの日常的な会話を成立させるものですので、将来的に日本人が海外でのビジネス展開に活躍するための英語力を身に付けたいのであれば、母国語の日本語と同等に会話できるレベルにまで、英語について真剣に上達を心掛けるべきであります。