世の中で「優秀」であると評価される人々の人生を紐解いてみると、そこには何事も楽しみながら学ぶといったような姿が浮き彫りになることが多いのだそうです。実際にエリート街道を歩む人々は、あらゆる分岐点で競争を打ち勝ってきたような人々なのだというようなイメージがありますが、世間が優秀な人だと称するような人々には、他人に勝つという認識よりも、自分自身がどのような場面においても楽しみながら学ぶといった姿勢が身に付いているように感じています。また彼らの話を聞いていると、生活の中で様々な事柄を自然に身に付けていけるような習慣が当たり前のように行われているようにみえます。日々の生活の中で身に付いた学ぶ姿勢が全ての事柄を吸収できるベースとなって、どの分野においても自分自身のベストな能力を発揮できるような基盤となっているのかもしれません。