子どもたちの学習能力には得意不得意がありますので、親の導きとしては、それぞれの子どもたちの特性を見極めながらそれぞれの科目に対するアプローチを築いてあげることが大切です。不得意科目のなかでどのような事柄につまづきをもっているのかを、大人たちの目から分析した形で問題点をかみ砕いてあげることも必要な子どもいれば、ほんの少しのヒントをチラつかせれば自分自身で答えを見つけ出してしまう子どもたちもいます。十分なアシスタントを行わないと前に進めないことどもいれば、自分自身の力で答えを導きだすことが必要な子どももおりますので、周囲の大人たちが子どもたちの特性をよく見極めることとが大切です。お父さん、お母さんのナイスアシストが、子どもたちの成長のゴールを決めるための重要な役割を担っているのです。親子で通う幼児英会話教室などでも、ご自身の役割をきちんと把握してご参加されているお父さん、お母さんもいれば、そうではないご家族の姿も見受けられますので、親子で学ぶ英会話教室などでは、ご自身が参加される目的をきちんと整理してみることが大切であるかもしれませんね。