英会話と同じくらいに、重要なジェスチャーと呼ばれるボディランゲージは、その国その国の文化や、慣習に従って形成されたものが多く、ただ、闇雲に適当にこなせば良いというものではありません。

ボディランゲージは、ある国によっては、差別用語になるなどという危険性もはらんでいるために、注意しなければならない点もあるわけです。

例えば、英語圏では、日本人がよく写真を撮る際に行うピースは、あまり良いイメージを持たれないものですから、絶対にやってはいけないということは、よく知られていることですし、他にも、眼鏡を中指であげるなどといった動作は、相手への侮辱や、挑発になってしまうため、絶対にやってはいけないということもあまり知られていないのではないでしょうか。

今後、英語を用いた友達作りやビジネスなどにも、非常にスムーズに作用する可能性があるということを覚えておいて良いと言えるのではないでしょうか。